読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球環境原理主義

自然環境や地球環境を気づかいながらも人間としてよりよく生き抜く!

トキワの空:詩語篇

f:id:ozzy3635:20170220144816j:plain

 

憂春のトキワの空には一団の雪雲が通り過ぎていった。

それは国分運動場から母校へ続く道すがら。

 

降り続く粉雪はやがて吹雪のように我が身を打つ。

一時ほどで雪は上がったがどうやら右足が痛い。

蛇行するこの道のせいだろうか、あるいはこれまで歩いてきた人生のせいであろうか。

夕暮れ迫るトキワの空には、大怪獣の陰影が似あう。

闇に迫る大怪獣は雄叫びを上げて迫り来る。

それは20年前の帯広から士幌へ続く道での光景に似ている。

あの時も夕暮れの中に大怪獣の雄叫びを聴いたような気がする。

しかしそれも束の間。

 

一時の感傷は全ての行いを無に帰する。

喉元をすぐれば元の木阿弥ということ。